logo
Home

バースデーカード 映画 ネタバレ

臆病者で引っ込み思案な女の子・鈴木紀子(橋本愛)。紀子は明るくて優しい母・芳恵(宮崎あおい)と、父・宗一郎(ユースケ・サンタマリア)、弟・正男(須賀健太)の四人で暮らしです。ある日、小学校で行われたクイズ大会のクラス代表となった紀子。クイズの回答者として出場しましたが、目立つことが好きではない紀子は一問も答えず、応援してくれた母を裏切る形となってしまいました。自分は脇役でいいと考える紀子は、芳恵に「自分に期待をしないでほしい」と言って、芳恵を傷つけてしまいます。 紀子の10才の誕生日に、家族でピクニックに出かけることになりました。普段は入院している芳恵は、この日は外出して紀子の誕生日を祝います。余命が短い芳恵は、子供の前ではずっと笑顔でいようと決めていました。苦しんでいる顔など見せず、病気と戦おうとする芳恵。手紙と刺しゅう入りのハンカチをプレゼントし、この先も紀子と弟の誕生日に毎年手紙を書くことを約束しました。. 『バースデーカード』は僕が見てきた「橋本愛」全作品の中で、「もうこれ以上美しく橋本愛を撮れない限界点に到達してる映画」。 『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1』 の「クリステン・スチュワート」に「負けない」、「橋本愛」の. (C)Universal Pictures 実はこの映画、当初は異なるエンディングが用意されていました。 折角ループを抜け出したツリーですが、大事をとって入院させられます。しかしその前に、彼女に恨みを持つもう1人の人物が現れて. net >>75 王道のほっこり()映画だが押し付けがましさがないので単調ながら最後まで気持ちよく観れたよ バースデーカード自体に仕掛けがないという意見があったが自分はむしろ. バースデーカード()の映画情報。評価レビュー 780件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:橋本愛 他。. 。 年。紀子は大学生になっています。 19歳の誕生日、紀子はバースデーカードを開封するのをためらいます。 というのも、今までずっと紀子はもういない母・芳恵のカードに振り回されていると考えたからです。 去年、18歳のバースデーカードには、ボランティアに参加しろという内容でした。その通りにした紀子は、すでに約束をしていた友人との予定をキャンセルしたのです。 「振り回されたくない」という紀子に、高校生になって野球部に入っている弟・正男は「今日読まなきゃ意味ないだろ」と言い、父・宗一郎も「読んでから考えたらどうだ」と声をかけますが、「私の人生、決められたくない」と紀子は頑固に意志を曲げようとしません。 怒った宗一郎は母に謝れと言いますが、紀子は「だったら連れてきてよ」と父に言って外出します。 思わず口からついて出た言葉でした。父・宗一郎も悪くなくて、ただ自分がわがままを言っただけだと思った紀子は、泣きながら歩きます。そこで、すれ違ったバイクの男が話しかけてきました。 それは中学時代の同級生で初恋の相手・立石でした。 立石は紀子に「腹減ってない?」と言うと、バイクの後ろに乗せて、自分が修行しているラーメン店に連れていきます。 立石は遠くに見える花火を指し示しながら、紀子が泣いていた理由を質問しました。 バースデーカード 映画 ネタバレ 父と喧嘩したと紀子が答えると、立石は、自分にはできないと答えます。 立石の家庭は父がいませんでした。母子家庭で、立石の母は自分と兄のために死ぬほど働いてきたと言います。そのことを思うと頭があがらないから、とても喧嘩などできないと答えました。 父と喧嘩ができるのも、家庭が平和な証拠なのだと思い知らされた紀子は、反省します。 別れ際、立石は「約束守れてよかったよ」と言いました。中学時代のお祭りの時、「いつかバイクに乗せる」という約束を、立石も覚えていてくれたのです。 その夜、紀子はバースデーカードを開けました。すると今回は、変わった書き出しでした。 「まずごめんなさいと謝ります。昨日、ママとパパは喧嘩しました。原因は、ママが手紙を破り捨てたから. バースデーカード 動画 映画 バースデーカード - 作品 - Yahoo!

19歳の時に開けるか悩む紀子が好きです。 アタック25出演時のミッションが好きです。 テレビ会社制作の映画は安心して見れる。 映画『バースデーカード』のベストシーンとセリフシーン バースデーカード 映画 ネタバレ ベストシーン. 年の日本公開映画; パネルクイズ アタック25 - 劇中のシーンに登場する。 外部リンク 『バースデーカード』公式サイト 『バースデーカード』東映; 映画『バースデーカード』 - Twitter; バースデーカード - Facebook. バースデーカードの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。橋本愛と宮崎あおいが母娘役で初共演し、亡き母から毎年届く. 紀子は19才になり、手紙を読むかどうかで悩みます。毎年手紙に振り回されているような感じがして、芳恵に会えないもどかしさもつのり、父・宗一郎とそのことで口論となります。家を飛び出し、泣きながら歩く紀子に、中学時代の初恋の男性・純(中村蒼)が声を掛けました。バイクに乗せてもらい、気持ちも落ち着いた紀子は家に帰り、手紙を読むことに。 未来の子供たちに手紙を書く自信がなくなっていた芳恵は、手紙を全て破り捨てようとしたことが書かれていました。紀子が大きくなった時にどんなことで悩み苦しんでいるのか分からなくなっていた芳恵。子供の成長を近くで見守れないことに憤りを感じ、芳恵と宗一郎が喧嘩をしたことも書かれていました。そして「19才の紀子を愛している」と書かれた手紙を読んで、紀子は号泣します。. 余命迫る母がとった行動は、未来の娘たちにバースデーカードを書くことでした。 20歳(おとな)になる、その日まで。 バースデーカードを通して成長していく娘・紀子(17〜25歳)を演じるのは若手実力派女優・橋本 愛。�. (C)柏葉幸子・講談社/「バースデー・ワンダーランド」製作委員会 【日本公開】 年(日本映画) 【原作】 柏葉幸子「地下室からのふしぎな旅」 【監督】 原恵一 【キャスト(声の出演)】 松岡茉優、杏、麻生久美子、東山奈央、藤原啓治、矢島晶子、市村正親 【作品概要】 柏葉幸子の名作児童文学「地下室からのふしぎな旅」を原作に、『百日紅Miss HOKUSAI』『河童のクゥ』の原恵一監督が映像化したアニメーション映画です。 キャラクターデザインを担当したのは、ロシア出身の新進気鋭のイラストレーター、イリヤ・クブシノブ。可愛らしいキャラが続々と登場します。 主人公アカネの声は、『勝手にふるえてろ』『万引き家族』と話題作への出演が続く松岡茉優。少女だけど大人っぽいアカネの容姿にぴったりの声です。. (C)Universal Pictures 18日の朝、皆からはツリーと呼ばれている女子大生・テレサ(ジェシカ・ローテ)は、スマホの音で目を覚まします。 そこは大学の男子寮の見知らぬ男の部屋。 昨日は前後不覚に酔ったらしく、頭痛に苦しみながら起き上がるツリー。 部屋の主である、酔って頼ってきた彼女を世話した男子学生、カーター(イズラエル・ブルサード)の心配を他所に、ツリーは当然の様に頭痛薬を要求します。 この事は内緒よ、とカーターに口止めしたツリーは、昨晩のてん末を聞きたがる、彼のルームメイトと出くわしながら、部屋を後にします。 男子寮から出た彼女を、不審げに見るサングラスの男とすれ違い、環境保護の署名を求める女を全く無視して歩くツリー。 校庭の散水スプリンクラーから水が噴き出し芝生でくつろぐ人が濡れ、車の警報音が鳴り響きます。 シゴキにあった男子学生が倒れたのをわき目に、ツリーは先を急ぎます。 彼女は敬遠ぎみの相手ティムから、何故メールに返事しないと責められますが、アンタとのデートは最低だったと言い返すツリー。 ようやく女子学生寮に戻ったツリーは、寮の女子会を仕切るダニエル(レイチェル・マシューズ)に朝帰りだと指摘されますが、適当に返事すると彼女は自室に向かいます。 自室ではルームメイトのロリ(ルビー・モディーン)がいました。 今日はツリーの誕生日と知っていたロリは、彼女に手作りのカップケーキをプレゼントしますが、そんな高カロリーなものは食べないと、彼女の前でケーキをゴミ箱に捨てるツリー。 ツリーはロリの好意を無視すると荷物をまとめ、グレゴリー教授(チャールズ・エイトキン)の授業へと向かいます。 授業の後、ダニエルの開いた女子会に参加したツリーは、ダニエルと共にイケてない女子、ベッキーを馬鹿にして追い出します。 ところがベッキーは現れたカーターとぶつかり、ツリーにココアをこぼします。 カーターはツリーが忘れたブレスレットを届けにきましたが、礼を言うどころか、女子会の面々の前で渡す行為に、恥をかかされたと不機嫌になるツリー。 大学病院に向かったツリーは、そこで看護師として働くロリと出会います。彼女はツリーにこんな事をしていたら、必ず報いを受けると忠告。 しかしツリーは余計なお世話と答え聞く耳を持ちません。 病室の前に座る警官をわき目にして、彼女が向かったのはグ. .

バースデー・ワンダーランド()の映画情報。評価レビュー 509件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:松岡茉優 他。『クレヨンしんちゃん』シリーズなどの原恵一が監督したファンタジーアニメ。柏葉幸子の「地下室からのふしぎな旅」を原作に、世界を救ってほしいと頼まれた. 《ネタバレ》 登場するロケーションが基本的に見晴らしの良い高台。山の手である。よって生活感も希薄。メルヘンチックですらある。 が、開き直ってそれに徹しているところがいい。全編通して清潔感に満ちた映画だ。. 夏休み、近所のおばさんに浴衣を着つけてもらった紀子は、そのおばさんと一緒に夏祭りに行きます。 そこでたこやき屋の屋台にいる立石と会いました。立石は紀子にたこやきをくれます。 おばさんはさりげなく席を外し、休憩を取った立石と紀子は話をしました。 たこやきにはたこが入っておらず、代わりにこんにゃく入りです。立石は将来バイクを買いたくて、その資金を稼ぐためにアルバイトをしていました。 「免許を取ったら、バイクの後ろに乗せてやる」と立石は紀子に約束します。夢のようなひとときです。 その時、紀子の脳裏に母のキスの心得の最後の1条が蘇りました。 「心得その5 チャンスが来たら迷わずに」 ちょうど遠くに花火があがり、いい雰囲気です。紀子は立石の方を向き、目をつぶりました。 立石は紀子の両肩を抱きますが、「鈴木、青のりついて、歯ぐきから血が出てる」と言います。紀子は「ええーっ」と焦りました。.

See full list on hm-hm. 映画「バースデーカード」動画が無料で視聴できる。こちら≫≫バースデーカード 映画 動画 無料 映画「バースデーカード」キャスト橋本愛宮﨑あおいユースケ・サンタマリア須賀健太中村蒼木村多江 宮﨑あおい 出演作舟を編むペタル ダンスはじまりのみち神様のカルテ2バンクーバーの朝日. 長野県諏訪市。 鈴木紀子は大学で天文学の講師をする父・宗一郎と母・芳恵の間に生まれました。弟・正男もいます。 紀子が幼い頃、まだ母・芳恵は元気でした。芳恵はかぎ針編みが得意で、編みぐるみや刺繍をよく紀子にしてくれます。 1999年。 小学校3年生、9歳の紀子は、学校のクラスでクイズ大会の代表に選ばれました。しかし紀子は引っ込み思案で、おおぜいの前で答えられるか自信がないと思います。 図書館で母・芳恵に「物語には主人公、脇役、悪役がいる。私は脇役がいい」と言った紀子に、芳恵は図書館の広さを示しました。物語は山ほどあることを告げた芳恵は「のんちゃん(紀子のこと)にはのんちゃんの人生があって、その人生ではのんちゃんが主人公よ」と言います。紀子は母の言葉に納得しました。 紀子の家ではクイズがよく出ていました。 夕食の席で、父が「私の周りには空気がある。君の周りには何がある?」とクイズを出しました。弟・正男は「俺の周りには愛がある!」と言って父を笑わせますが、紀子は「黄身(きみ)の周りには白身がある」と答えます。 ところが迎えたクイズ当日。 学校へ行くと、選ばれなくて妬んだ同級生の女子・高橋に、紀子は意地悪なことを言われます。 バースデーカード 映画 ネタバレ 「答えない方がいいんじゃない」「間違えると恥ずかしいよ」 その一言は紀子のやる気を挫きました。内向的な紀子はクイズ大会で発言できなくなります。愛媛県の県庁所在地も、知っていながら声に出せませんでした。 学校でのクイズ大会が終わった後、紀子は「私やっぱり脇役がいい」と言います。 「あなたには未来がある。いっぱい希望がある」と慰める母・芳恵に、紀子は思わず「ママはどうなの? 希望通りの人生を歩めてる?」と棘のあることばを投げかけてしまいました。 その当時、母・芳恵は病気が発症しており、芳恵は思わず言葉を詰まらせます。 紀子は「もう私に期待しないで」と言葉を続けま. (C)Universal Pictures 【日本公開】 バースデーカード 映画 ネタバレ 年(アメリカ映画) 【原題】 Happy Death Day バースデーカード 映画 ネタバレ 【監督・脚本】 クリストファー・ランドン 【キャスト】 ジェシカ・ローテ、イズラエル・ブルサード、ルビー・モディーン、レイチェル・マシューズ、チャールズ・エイトキン 【作品概要】 ホラー映画の定番、学園を舞台にしたスラッシャー映画に、ループものの要素を加え話題となった、新機軸ホラームービー。 シャイア・ラブーフ主演のサスペンス映画、『ディスタービア』の原案・脚本を務め、その後多くの映画の脚本を手がけ、『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』で、監督も手掛けたクリストファー・ランドン。彼が本作の監督と脚本を務めました。 『ディスタービア』がヒッチコックの名作、『裏窓』にインスパイアされていたように、本作も過去の映画への、オマージュに満ちた作品です。 主演のジェシカ・ローテは、あのアカデミー受賞作『ラ・ラ・ランド』で、エマ・ストーンのルームメイトの1人を演じた女優。 また共演のイズラエル・ブルサードは、ソフィア・コッポラ監督作『ブリングリング』で、エマ・ワトソンやタイッサ・ファーミガと共に、セレブたちの豪邸に盗みに入った少年を演じています。 なおスマッシュヒットを飛ばしたこの作品は、続編『ハッピー・デス・デイ 2U』が製作され、日本では2作品続けてのロードショー公開となりました。. 紀子は「私も送るね」というと、いつかカラオケに行こうと約束しました。その時にはピンク・レディーも歌おうと言います。 真帆は「なにそれ」と言いながらも、母・沙織のCDを借りて覚えておくと約束しました。 紀子と真帆は笑顔で別れます. 映画「バースデーカード」動画が無料で視聴できるところ、あらすじやネタバレ評価など バースデーカード 映画 >> バースデーカード 映画 動画 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!.

映画『バースデーカード』𠮷田監督本人による描き下ろし原作小説、安孫子三和によるコミックス発売! 映画『バースデーカード』は “バースデーカード”に書かれたメッセージを通して、亡くなった母親と遺された家族との絆や深い愛情を描いた作品。. (このシーンは後に出てくる)。. 」(オープニングの言葉) 『アタック25』の面接の時に、紀子はこの話をしたのです。 面接の後、紀子は立石とレストランで食事をしました。その時、立石は紀子に話があると改まって言います。 (この時、話の中身までは明らかにされないが、後に判明) 帰宅した紀子に、合格の電話が入っていました。父・宗一郎が電話を受け取っており、喜びます。 本戦は大阪で開かれました。新幹線で移動し、新大阪で下車します。 クイズ番組『アタック25』を収録しているのは、ABC放送で、大阪市福島区の旧大阪大学医学部付属病院の跡地、ほたるまち内でした.

· 映画『バースデーカード』を観た人の感想、評価、口コミ. 映画『バースデーカード』は、年10月に公開された日本映画です。 『バースデーカード』は母娘の絆を軸に描く人間ドラマです。 お話自体は淡々と進みます。. See full list on cinemarche. .

See full list on eiga-watch. 2人は花火を見ているだけです。 年。 17歳の誕生日には、紀子は母・芳恵のお願いどおり香川県の小豆島にフェリーで渡ります。 小豆島は母・芳恵の出身地で、この年、母の中学時代のタイムカプセルが開くのです。芳恵は1966年生まれなので、生きていれば40歳になったことでしょう(タイムカプセルを埋めてから25年後に開く設定っぽい)。 港には、芳恵の友人だった石井沙織が迎えにきました。芳恵は中学校時代に生徒会長で、沙織が副会長だったそうです。 タイムカプセルを開く前日、宴会が催されます。 その席で、紀子はバースデーカードに一緒に入っていた『第29回 小豆島町立戸形中学校』の修学旅行の記念写真を一同に見せました。メンバーはみんな懐かしいと言って見入ります。行き先は京都です。 その写真には、紀子の母・芳恵だけが欠席だったらしく、右上のところに楕円形で写真が載っていました。その理由を聞くと、みんな少し気まずく黙りこみます。 その日、沙織は飲んだくれて荒れました。その横で同級生の男性2人が、事情を話してくれます。 当時の修学旅行の行き先は、最初は東京だったそうです。しかし1か月前になって、教頭がゴリ押しして京都へ変更してしまいました。 教頭は旅行会社と繋がっており、旅館の代金をピンハネするつもりで、行き先を変更したのです. 内容はもちろん良かったですが、長野の美しい風景も良かったです。優しい気持ちになれました。 バースデーカード観てきた。ユースケ・サンタマリアが良かった。. バースデーカード()の映画情報。評価レビュー 790件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:橋本愛 他。他界した母から娘に毎年届くバースデーカードを通して母娘の深い絆を描く人間ドラマ。. (C)柏葉幸子・講談社/「バースデー・ワンダーランド」製作委員会 良く晴れたの朝、庭には花が咲き誇り蝶や虫たちが楽しそうに飛び交っています。 その様子を部屋の窓からポケーッと見ている、パジャマ姿の少女がいました。12歳のアカネです。「バカみたいにいい天気で泣けてくる」。 明日はアカネの誕生日です。 母のミドリが、アカネを起こしにやってきます。アカネはベッドに潜り込み、具合が悪いと嘘を付きました。 友達からのLINEにもうんざり。学校では仲間外れにならないように無理に皆に合わせ、自分の思ったことも言えない。そんな自分にもうんざり。 アカネは、常に自分に自信がなく、できっこないが口癖になっていました。 ズル休みを分かっていたかのように、いつも通り接する母のミドリ。ミドリは庭のブランコに乗りながら気持ちよさそうに風に吹かれています。 「明日、アカネの誕生日でしょ。チィちゃんの所にプレゼントを頼んであるの。行ってきて」。ミドリに頼まれアカネは「ヤダヤダ」と首を横に振ります。 チィちゃんとは、アカネの叔母で自由人。「ちゅうとはんぱ屋」という世界中から集められた骨董品のお店を経営しています。アカネは、魔女のチィちゃんと密かに呼んでいました。 結局は押しに弱いアカネ。ミドリに見送られ、チィちゃんの所へ向かいます。アカネを見つけたチィちゃんは、思いっきりハグで歓迎してくれました。 アカネは、チィちゃんのことが苦手でしたが、チィちゃんの店は大好きでした。色とりどりのランプ、キラキラ輝くアクセサリー、謎の置物、世界中の骨董品が所狭しと置いてあります。 その中で、手形の押された石板が目に付きます。何気なくその手形に手を合わせるアカネ。ぴったりです。 しかし、離そうとすると、石板から手が離れなくなっていました。慌てるアカネ。チィちゃんに助けを求めるも拉致があきません。 その時です。「トントン」。どこからかドアをノックする音が聞こえます。どうやら、それは地下室から聞こえてくるようです。 地下室の扉から現れたのは、黒のスーツにシルクハット、カイゼル髭姿の紳士でした。彼の名は、ヒポクラテス。向こうの世界の大錬金術師です。 同時に、手形の石板の側にいた小人がしゃべり出しました。彼は、ヒポクラテスの弟子・ピポと名乗りました。 ヒポクラテスは、地下室で繋がっている向こうの世界からやって来. 「紀子という名前は、父がつけてくれました。二十一世紀の『紀』に、『子』どもと書いて紀子です。この時代に存在した証という意味です。私は小さい頃は引っ込み思案で、いつもひとりでした。そんな私に母はよく本を読んでくれました。やさしくて明るい人で、私は母のことが大好きでしたが、悲しませたことがありました.

映画バースデーカードは、橋本愛と宮崎あおいが母娘役で初共演した作品となります。 10歳の時に母・芳恵を亡くした紀子と、自分の余命を悟り、20歳の誕生日まで毎年子どもたちにバースデーカードを贈る約束をした芳恵の絆を描く同作。. 20才の紀子に、芳恵からの最後の手紙が届きます。「自分の人生に満足している」と書かれた手紙。 21才の紀子は純と交際をしており、誕生日の日に純がバースデーカードをくれました。そしてクイズ番組のアタック25を見ていた紀子は、小学生の頃にクイズで一問も答えなかったことを思い出します。すると小学生の頃のリベンジをしてみるよう純に言われ、アタック25に出場すべく勉強を始める紀子。予選会に出場しましたが、結果はダメでした。 大学を卒業し、地元で就職した紀子は、何度もアタック25に挑戦しますが、落ち続けています。そんなある日、ようやく筆記試験を突破し、そしてついにアタック25に出場。結果はダメでしたが、純からのプロポーズもあり幸せな紀子。 そして結婚式の日、芳恵からの手紙を弟・正男から受け取ります。紀子の周りには、紀子を支えてくれるたくさんの人がいて、これからも幸せになるよう手紙に書かれていました。紀子は芳恵が作ってくれたベールをかぶり、バージンロードを歩くのでした。 以上、映画「バースデーカード」のあらすじと結末でした。 続いて、より詳細なネタバレあらすじを解説します。. 映画「バースデーカード」について: 若くして他界した母が娘のために書きためたバースデーカードを誕生日のたびに受け取るヒロインの成長を見つめたヒューマン・ドラマ。. (C)柏葉幸子・講談社/「バースデー・ワンダーランド」製作委員会 名作児童文学「地下室からのふしぎな旅」を、劇場版アニメ『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』にて、世界中の大人を泣かせた原恵一監督が映像化したアニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』を紹介しました。 主人公アカネの声に松岡茉優。アカネと一緒に旅をするチィちゃん役に杏、アカネの母ミドリ役に麻生久美子と、魅力的な女性陣が声を担当しています。 それぞれの可愛らしいアニメのビジュアルに、ぴったりハマった声に聞き惚れて下さい。 また、ワンダーランドの大錬金術師ヒポクラテスの声を市村正親が担当しています。凄い人物なのにどこかお茶目で愛らしい姿が、本人とリンクしキャラの魅力を引き立てています。 誕生日の前日に母から贈られたプレゼント。自分に自信の持てない後ろ向きな女の子が、冒険を通して成長し、自分の世界を広げていきます。 少しの勇気で、世界が広がっていく感覚。いくつになっても忘れてはいけない感覚なのではないでしょうか。 あなたの家の地下からも繋がっているかもしれません。幸せ色の国・ワンダーランドへ。. というバットエンドでした。 これはテスト試写で観客に披露されましたが、支持を得られない結果となりました。 そこで新たに作られたのが、この公開版のエンディングです。 完成までにこの様なテスト試写、その上での更なる変更が加えられるのも、ハリウッド映画らしいエピソードです。 さて、劇中で散々ビッチと言われた、ヒロインのハートを掴む事が出来たカーター。映画の中では中々の好青年。 しかし自室に貼ったポスターを良く見ると、『ゼイリブ』に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『レポマン』に『ミステリー・サイエンス・シアター3000』。 バースデーカード 映画 ネタバレ オタクな彼は、あの性格の彼女と上手くやっていけるのでしょうか? でも、だからこそ彼女の“タイムループ”の説明を、あっさり理解し受け入れたとも言えます。 2人の関係は、果たしてこの後上手くいったのか?それは無論、続編の『ハッピー・デス・デイ 2U』を見て確認するしかありません。. (C)柏葉幸子・講談社/「バースデー・ワンダーランド」製作委員会 児童文学「地下鉄からのふしぎな旅」の映像化ということで、教科書的な絵を想像してしまいますが、『バースデー・ワンダーランド』のビジュアルは、今どきでポップです。 キャラクターデザインを担当したのは、ロシア出身の新進気鋭のイラストレーター、イリヤ・クブシノブ。 主人公のアカネを始め、チィちゃんや母のミドリと女性の美しさに惹かれます。力強い眼差し、クルクル変わる表情が魅力的です。 また、小人のピポやドロポ、もこもこの羊、関所の猫たちと個性豊かなキャラが続々と登場します。 それぞれのキャラは服装や仕草がいちいち可愛らしく、胸キュンすること間違いなしです。 ワンダーランドの世界は色であふれている美しい世界です。それは、観る者が忘れていたもうひとつの世界なのかもしれません。 人工的なものが増える世界で、自然本来の色を忘れがちになっています。ワンダーランドには忘れていた幸せの色がありました。 主人公のアカネは、「できっこない」が口癖の消極的な女の子でした。錬金術師により「前のめりの碇」をかけられたことで、気持ちが前向きに変わっていきます。 元の世界に帰る時、アカネはヒポクラテスに「前のめりの碇」を取ってと言います。しかし、「前のめりの碇」はすでに消えていました。アカネは自分の力で前向きな決断をしていたのです。気は持ちようです。 少しの勇気と、相手を救いたいと思う心の優しさが、世界を救う大きな力となりました。. 臆病で引っ込み思案な鈴木紀子は、母の芳恵と父の宗一郎、弟の正男と一緒に暮らしています。 ある日、紀子は小学校のクイズ大会でクラスの代表になりました。.



Phone:(184) 136-3955 x 4381

Email: info@jkkl.rubuntu.ru